神奈川県横浜市|解体業|不動産取引|建売販売|三晃商事株式会社

qrcode.png
http://www.sankou230.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

三晃商事株式会社
〒222-0035
神奈川県横浜市港北区鳥山町657-3
TEL.045-474-1175
FAX.045-474-1176

──────────────────
1.解体業
2.不動産取引
3.建売販売
──────────────────
■建設業許可:神奈川県知事許可
  (特-27)第66098号
■宅地建物取引業免許:
  神奈川県知事(4)第23481号

■産廃収集運搬業許可

 許可番号第01401148625号

■顧問弁護士 清水・安達法律事務所

■顧問税理士 八重沢知正税理士事務所

■加盟団体 

(公)全日本不動産協会

(公)全日本不動産保証協会

(公)神奈川県産業廃棄物協会

(一)神奈川県建物解体業協会

 神奈川県弁護士共同組合特約店

 NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト賛助会員
 

 
014911
 

解体工事の流れ

 

解体工事の流れ

解体工事の流れ
 

1.現場調査
電話でもおおよその見積もりを出してくれる業者もありますが、調査をすることにより、適正な費用を算出することができます。お立会の上、建物内部を見せていただけると、より正確な費用を算出することができます。

 
 
解体工事の流れ
   

2.見積書ご提出
現地調査に基づき、見積書を提出させて頂き、ご確認・ご納得して頂いた後、契約となります。

 

工事前

工事前
 

3.関係各庁への届出
建設リサイクル法に基づき、リサイクル届出書を提出します。また、必要に応じて警察署へ道路使用許可を提出したりもします。その他に必要な各種届出は私たちが行います。


4.近隣挨拶
実際に解体工事が始まると、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになります。もちろん私たちもしますが、近隣の方にご挨拶することをお勧めします。

 
 
解体工事の流れ
   

5.引込配管、配線の撤去の手配

 

本工事

本工事
 
本工事

6.足場養生の組立
解体工事は、高所での作業が伴うため、まず、足場養生の組立を行います。その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリを防ぎ、近隣の方のご迷惑を最小限にします。

 
 
解体工事の流れ
   
サンプル画像

7.内装解体工事
建物から手作業で撤去できるもの(下記)を撤去します。
たたみ、サッシ、断熱材、建具、瓦、内部造作、住宅設備機器、石膏ボード、不要品(タンス・衣類など)

 
 
解体工事の流れ
   
本工事

8.建物本体の解体
壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし撤去していきます。ほこりが飛ばないように、水をまきながらの作業となります。

 
 
解体工事の流れ
   

9.廃材の分別・収集・搬出
現場で廃材を木材、鉄、プラスチック、コンクリートガラなど分別を行います。細かなものは手作業で分別をしながらの作業となります。

 
 
解体工事の流れ
 
本工事
本工事
 
解体工事の流れ
   
本工事
本工事

10.整地
重機等で地面を平らにします。また、さらに見栄えをよくするために、客土や砕石などを敷くこともあります。

 
 
解体工事の流れ
   
11.工事完了
工事完了です。可能であれば残存物がないか立会い確認しましょう。



<<三晃商事株式会社>> 〒222-0035 神奈川県横浜市港北区鳥山町657-3 TEL:045-474-1175 FAX:045-474-1176